不動前の鍼灸院が「外くるぶしの下」が痛む原因と簡単にできる対処法!

query_builder 2021/09/18
ブログ
3751303_s

「外くるぶしの下が歩くと痛い」

「外くるぶしの下を押すと痛い」

「足首の外側が痛い」


このブログはそんな方に向けて書いています。


こんにちは。

不動前のかむろ坂にある鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)の太田です。


歩いている時や運動をしている時に

足首の外側や外くるぶしの下が痛いという

ご経験をされた事がある人も

多いのではないでしょうか?


今回は外くるぶしの下が痛む原因と対処法を

ご紹介していきます。


◆目次◆

  • 外くるぶしの下が痛む原因
  • 外くるぶしの下のココ!が痛む
  • 外くるぶしの下が痛くなる理由
  • 外くるぶしの下が痛くなったら?



外くるぶしの下が痛む原因

3702713_s

外くるぶしの下が痛くなるのは

「筋肉」が原因のことが

とても多いです。


この筋肉は歩く時に足首を

内側に捻らないようにしてくれる役割も

あることから非常に大切な筋肉でもあります。


筋肉の走行は「スネの外側から足の甲の部分」

までの広い範囲についています。


下の赤い線が筋肉の走行になります。

Inked1118976_s_LI

外くるぶしの下のココ!が痛む


Inked2615696_s_LI

外くるぶしの下が痛む場所は

上の写真の赤い点の部分が

痛みを訴えやすい場所となります。


この赤い点は先ほど紹介した筋肉が

腱に変わる部分なので常に足首を動かす時の

摩擦の抵抗を受けやすいとも言われています。



外くるぶしの下が痛くなる理由

1972503_s

外くるぶしの下が痛くなる理由は

「筋肉の使い過ぎ」のことが多いです。


スネの外側から足の甲までついている筋肉は

足首を下に向ける時と足首を外側に捻る時に

この筋肉の働きが強くなります。


踵が高いヒールで歩いていたり

趣味でジョギングやランニング

ゴルフをしている人はこの筋肉を

よく使っているので外くるぶしの下に痛みを

感じる人が多いです。




外くるぶしの下が痛くなったら?

22123056_s

外くるぶしの下が痛くなった場合に

簡単にできる対処法としては

「スネの外側~足首辺り」までの

範囲をマッサージをするです。


マッサージをすることで

筋肉の緊張が取れますので痛みも

落ち着いてきます。


外くるぶしの下に痛みを出す筋肉の

走行は下の写真を参考にしてください。

赤い線が筋肉の走行を表しています。

Inked1118976_s_LI

痛くなる時は急なことが

多いですので痛くなった時に

しっかり対処できるように対処法を

しっかり覚えておきましょう。


外くるぶしの下が痛む人や

足首の外側が痛む人は

不動前駅徒歩6分・武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)にお気軽にご相談ください。








NEW

  • 不動前の鍼灸院が「テニス肘がなかなか治らない」原因と理由を解説。

    query_builder 2021/10/19
  • 不動前の鍼灸院が足裏の痛みの「モートン病」について解説!

    query_builder 2021/10/12
  • 不動前駅近くの鍼灸院が「膝の裏」が痛くなる原因と対処法を公開!

    query_builder 2021/10/04
  • 不動前の鍼灸院がデスクワークでの「首こりと痛み」の原因と姿勢を解説!

    query_builder 2021/10/01
  • 不動前の鍼灸院が肩こり持ちに多い「寝違え」鍼治療を受けるタイミングと効果を解説!

    query_builder 2021/09/27

CATEGORY

ARCHIVE