武蔵小山/目黒不動前の鍼灸院が外脛骨障害になる理由を詳しく解説!

query_builder 2022/04/30
ブログ
4190214_s

(※2023年11月25日に更新しています)


「外脛骨障害になる理由を知りたい」


このブログはそんな方に向けて書いています。


こんにちは。

目黒不動前のかむろ坂にある鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)の太田です。


足の内側の骨が出っ張って痛くなる

外脛骨障害はどのような機序でなる?と

疑問に思われる人もいるのではないでしょうか。


今回はこの疑問にお答えしていきます。


◆目次◆

  • 外脛骨障害になる理由は?
  • 踵の骨の位置が傾くとは?
  • 最後に



外脛骨障害になる理由は?

23655753_s

外脛骨障害になる最大の理由は

「踵(かかと)の骨」の位置が傾いている事が

あげられます。


踵の骨の位置が傾いていると足の甲から先が

バランスを取るために内側に捻じれてしまい

舟状骨という骨に負担がかかりやすく痛みを

感じるようになり外脛骨障害になってしまいます。



踵の骨の位置が傾くとは?

Inked5174591_s (1)_LI

踵の骨の位置は体重がかかる立位の状態で

確認することで歩いている時の踵の骨の位置の

状態がわかりやすいです。


上の写真のように

黄色い線が踵の骨の位置が正常の状態

なっています。


しかし赤色の線のように中心から

踵の骨が傾いている状態が外脛骨障害

多く繰り返さないためにもケアが必要です。


外脛骨障害の治療では

足の土台となる「踵の骨の位置」

非常に大切になります。



最後に

22830639_s

今回は外脛骨障害になる理由をお伝えしてきましたが

いかがでしたでしょうか?


外脛骨障害を繰り返さないためには

「踵の骨の位置」が重要です。


また痛みを取る治療と繰り返さないための

リハビリ治療を併用することで

外脛骨障害を再発するリスクはかなり下がります。



外脛骨障害と診断を受けた人や

外脛骨かも?と思われる人は

不動前駅徒歩6分・武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)にお気軽にご相談ください。




NEW

  • 武蔵小山・不動前の鍼灸院が四十肩や五十肩に似た症状を出す原因を解説!

    query_builder 2024/04/11
  • 目黒不動前の鍼灸院が腰痛の神経痛(上殿皮神経障害)について解説!

    query_builder 2024/03/19
  • 目黒不動前の鍼灸院が寝違えの対処法を紹介!

    query_builder 2024/02/02
  • 目黒不動前/武蔵小山の鍼灸院がぎっくり腰を防ぐ2つの方法を紹介

    query_builder 2024/01/11
  • 【お知らせ】年末年始のお休み/目不動前の鍼灸院 はりきゅう処 優(ゆう)

    query_builder 2023/12/05

CATEGORY

ARCHIVE