不動前と武蔵小山の鍼灸院が低気圧で肩こりが酷くなる理由と改善ポイントを詳しく解説!

query_builder 2021/05/05
肩こり
4690270_s

こんにちは。

不動前駅徒歩6分

武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)です。


今回は雨の日など低気圧が近づいてくると

肩こりが酷くなる理由をご紹介していきます。


雨が降る直前などの時に急に肩こりが

いつもより酷くなったり頭痛がするななどと

いった身体の不調を感じたご経験はありませんでしょうか。


低気圧が近づくと肩こりや頭痛などといった

身体の不調を訴える人が増えてきてしまう傾向に

ありますのでその仕組みをお伝えしていきます。


低気圧が身体に与えている影響は何?

1168384_s

雨が降る前日から当日など低気圧が

近づいてくるとどのような影響を

与えてしまうことで肩こりなどの症状が

酷くなってしまうのでしょうか。


低気圧が近づくとまず初めに耳の一番奥にある

内耳(ないじ)という所にあるセンサーが低気圧を

感知してしまいます。


この内耳(ないじ)のセンサーの所には

リンパ液という水が溜まっています。


この水は主に平衡感覚と関わりがあり

目から入ってきた情報と内耳(ないじ)に

溜まっている水の動きが一致していないと人は

無意識にストレスを感じてしまいます。


このストレスで自律神経の交感神経の

活動が高まってしまい筋肉が緊張してしまい

肩こりなどがより酷くなります。


低気圧が内耳(ないじ)に溜まっている水を

人が動いていなくても揺らしてしまうので

上で説明したことが身体で起きてしまうので

肩こりなど身体の不調が多くなるのです。


低気圧の肩こりなどの不調改善のポイントは自律神経!

3444650_s

低気圧が関係している肩こりなどの

身体の不調を改善するためには

自律神経のバランスを整えることが

肩こりなどの改善の近道とも言えます。


低気圧が内耳(ないじ)の水を揺らしてしまことは

どうしても防げないことになります。

唯一防げるとすれば交感神経の活動が高くなるのを

抑えてあげられることです。


低気圧→内耳(ないじ)の水が揺れる→センサーで感知

→目と内耳からの情報の誤差でストレス→交感神経興奮

→筋緊張→肩こり。

このような流れで肩こりなどが酷くなってしまいます。


この交感神経は自律神経の1つでもありますので

交感神経の活動を抑えてあげれれば筋肉は緊張しなくなり

肩こりなどの症状を改善に導くことができます。


鍼(鍼灸)治療では自律神経のバランスを

整えることで肩こりなどの症状が改善しますので

鍼(鍼灸)治療がおススメです。


雨の日など低気圧で肩こりなどが酷くなることが

多い人は不動前駅徒歩6分・武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)にお気軽にご相談ください。




NEW

  • 不動前・武蔵小山の鍼灸院が梅雨になると肩こりになぜなる⁈について対処法を交えて解説!

    query_builder 2021/06/22
  • 不動前の鍼灸院が腰痛や腰椎椎間板ヘルニアはブロック注射以外に治療法はある?の質問に回答!

    query_builder 2021/06/19
  • 不動前の鍼灸院が美容鍼が目の疲れ(眼精疲労)に効果的!そのワケとは?

    query_builder 2021/06/16
  • 不動前の鍼灸院が手首の親指の付け根が痛くなるのは腱鞘炎?腱鞘炎の原因と対処法をご紹介しています!

    query_builder 2021/06/15
  • 不動前と武蔵小山の鍼灸院が肩こりで首が回らない原因と効果的なツボを公開!

    query_builder 2021/06/13

CATEGORY

ARCHIVE