不動前駅チカの鍼灸院が長時間椅子に座ると痛い腰痛の原因を解明!

query_builder 2020/09/18
腰痛
910206_s

(※2021年8月11日に更新しています)


「テレワークやデスクワークで腰が痛い」

「椅子に座っている時に腰が痛い」


このブログはそんな方に向けて書いています。


こんにちは。

不動前のかむろ坂にある鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)の太田です。


デスクワークが多く長時間椅子に

座っていると腰が痛くなる人は多くなってきています。


なので今回は長時間椅子に座っていると

腰が痛くなる原因をご紹介していきます。


◆目次◆

  • 長時間、椅子に座ると腰に与える影響
  • 椅子に座っている時に腰のどこに負担がかかる?
  • 椅子に座っている時が痛い腰痛は「関節」が原因



長時間、椅子に座ると

腰に与える影響

f6f0e80e29b1cee072b702bc61e88e8e_s

長時間、椅子に座っていると

腰に与える影響を今からご説明していきます。


椅子に長い時間座っていると

自然に椅子の背もたれの部分と腰の部分に

隙間ができやすくなり「反り腰」になりやすく

なってしまいます。


反り腰になると筋肉は常に緊張している状態に

なるので腰のまわりが疲れやすくなります。



椅子に座っている時に

腰のどこに負担がかかる?

22075779_s

椅子に座っている時には

腰の関節の部分に負担がかかることが多いです。


なぜ関節の部分に負担がかかりやすいのか?と

疑問になると思いますので補足で説明していきます。


椅子に座ると重力の関係上

背骨と同じ方向の垂直に体重が

かかってしまいます。


垂直に体重がかかるためどうしても

上下の骨どうしでできている腰の関節

正式名称「椎間関節」(ついかんかんせつ)という

関節の部分に圧力がかかります。


また先ほど説明しました「反り腰」も

この関節に負担をかけてしまいます。


椅子に長時間座る→腰と椅子の背もたれに

隙間ができる(反り腰)→体重と反り腰で関節に

負担がかかります。


椅子に座って痛い腰痛は

「関節」が原因

4932100_s

椅子に座って腰が痛くなる腰痛は

椎間関節(ついかんかんせつ)にかかる負担が

増えた続けた結果「椎間関節性腰痛」になります。


ですので椅子に座って痛い腰痛は

「椎間関節」が痛みの原因となっている

ことが殆どなのです。



椅子に座った時に腰に痛みを訴える人は

不動前駅徒歩6分・武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)にお気軽にご相談ください。







NEW

  • お盆期間の診療時間と夏季休暇のお知らせ

    query_builder 2024/07/17
  • キャンセルポリシー

    query_builder 2024/05/22
  • 食いしばりでお困りの方へ|不動前・武蔵小山の鍼灸院|はりきゅう処 優(ゆう)

    query_builder 2024/05/18
  • 目黒不動前の鍼灸院が「首につまり感」が出る原因と対処法を解説!

    query_builder 2024/05/10
  • 武蔵小山・不動前の鍼灸院が四十肩や五十肩に似た症状を出す原因を解説!

    query_builder 2024/04/11

CATEGORY

ARCHIVE