不動前で腰痛に詳しい鍼灸院が提言!3つのことを意識して予防しよう。

query_builder 2020/09/23
腰痛
354429_s (1)

(※2021年8月13日に更新しています)


「腰痛の予防方法を知りたい」

「腰痛で気をつけたい姿勢を知りたい」


このブログはそんな方に向けて書いています。



こんにちは。

不動前のかむろ坂にある鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)の太田です。


今回は腰痛にならない人が意識している

3つの予防をご紹介していきます。


毎年、毎月と腰が痛くなってしまう人がたくさん います。

しっかり腰痛を治したはずなのに腰痛を

繰り返してしまうのはもったいないですよね。



◆目次◆

  • なるべく中腰の姿勢をしない
  • 下の物を取る時は膝を曲げている
  • 寝る時は膝の下にタオルを入れている
  • 最後に



1.なるべく中腰の姿勢をしない

4494112_s

中腰の姿勢になる場面は顔を洗う時など

よく遭遇する姿勢となります。


この「中腰」こそが腰痛の原因になる

1つとも言われています。


中腰の姿勢がなぜ腰に悪いのかという

腰の骨と骨の間にある椎間板(ついかんばん)と

背中らか骨盤にむかって付いている筋肉に負担が

かかりやすいからなのです。  


中腰の姿勢を続けていると腰がプルプルと

震えているような感じになった事がある

経験がある人もいると思います。


なので中腰の姿勢を避けたり

ならないようにする事を腰痛にならない人は

実践しています。



2.下の物を取るときは膝を

  曲げている

3273908_s

実はこの膝を曲げる事は腰痛にならないためには

基本中の基本となります。  


なぜなら膝を曲げない事によって

太ももの後ろの筋肉が引っ張られる状態と

なってしまいます。


下の物を取る時にかがむ動作では骨盤は

前側に傾きたいのに膝を伸ばしていては骨盤は後ろに

引っ張られてしまうのです。  


後ろに引っ張られる事によって腰への負担は

大きくなってしまうので膝を曲げることが大切なのです。



3.寝る時は膝の下にタオルを

  入れている

3817965_s

腰に痛みがあるあなたに

少し質問をしたいと思います。  


寝る時も腰痛にならないように

何か対策をとっていますか?  


中には対策をとっている人対策をとっていない人

どちらの人もいることでしょう。


実は寝る時にこそ腰痛対策を取らないと

長い時間腰に負担をかけてしまっているということを

知って欲しいのです。  


睡眠時間の平均は6~8時間くらいだと思います。


そしてこの6~8時間もの間に何も対策をとっていないと

仕事をしている時と同じくらい腰にダメージを与えて

しまっていることになりますよね。  


だから仰向けで寝る時には膝の下に

タオルを丸めて膝が少し曲げた状態に

してあげることで反り腰を防げます。


この反り腰を防ぐことで腰痛になりにくくもなります。


なぜ反り腰が関係あるのかと言うと

腰が後ろに反っている状態ですので背筋や腰の筋肉が

常に緊張しているからです。  


腰痛にならない人はこの事も十分理解していますよ。



最後に…

20191219163651

ここまで読んでみていかがだったでしょうか?

腰痛にならな人がしていることって

かなりシンプルな 内容でしたよね。


このブログに書いた3つのことを

実行することによってあなたも腰痛にならない

繰り返さないようになり腰痛と無縁になる日が近ずく

ことになるでしょう!  


腰痛でお困りの人は

不動前駅徒歩6分

武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)にお気軽にご相談ください。





NEW

  • 不動前駅近の鍼灸院が「肩の前が痛む」原因と場所を解説!

    query_builder 2021/09/21
  • 不動前の鍼灸院が「外くるぶしの下」が痛む原因と簡単にできる対処法!

    query_builder 2021/09/18
  • 不動前の鍼灸院が「足の裏から外側」が痛くなる正体と対処法を解説!

    query_builder 2021/09/13
  • 不動前の鍼灸院が「坐骨神経痛には鍼治療」が効果的な理由と原因などを解説!

    query_builder 2021/09/10
  • 不動前駅近の鍼灸院が「トリガーポイント鍼治療」について簡単に解説!

    query_builder 2021/09/07

CATEGORY

ARCHIVE