武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院が「足底腱膜炎の鍼治療は足の裏に鍼をする?」について回答!

query_builder 2022/05/11
ブログ
22014588_s

「足底腱膜炎の鍼治療は

 足の裏に鍼をするか知りたい」


このブログはそんな方に向けて書いています。


こんにちは。

不動前から武蔵小山に繋がるかむろ坂の鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)の太田です。


足裏や踵が痛くなる足底腱膜炎に鍼治療を

する場合は足の裏に鍼をする?と疑問に思われる人も

いるのではないでしょうか。


今回はこの疑問についてお答えしていきます。


◆目次◆

足底腱膜炎の鍼治療は足の裏に鍼をする?

足底腱膜炎の原因と関わりのある筋肉

足底腱膜炎でお困りの人へ



足底腱膜炎の鍼治療は

足の裏に鍼をする?

23812031_s

当院では足底腱膜炎の鍼治療をおこなう場合は

足の裏に鍼をしません。


その理由は足底腱膜炎は足の裏に鍼を

しなくても十分効果が期待できるからです。


また足の裏に鍼をするとなるとどうしても

避けたくなる気持ちにもなることから

足の裏に鍼をすることはありません。



足底腱膜炎の原因と

関わりのある筋肉

1232737_s (1)

足底腱膜炎の原因は

「足底腱膜」という足の裏全体にある

筋肉を包んでいる膜になります。


この足底腱膜に対して治療をおこなうのが

一般的ですが当院ではもう一歩深く考えて

アプローチしています。


足底腱膜炎では足の指を反らした時に

痛みを訴える人が多いので「足の指を曲げる筋肉」

着目したところ足底腱膜と関わりがありました。


また足底腱膜炎のストレッチ法も足の指を反らすので

足底腱膜をストレッチしているよりも

足の指を曲げる筋肉にストレッチが効いていると

個人的には思っています。


足の指を曲げる筋肉に鍼治療をすることで

足底腱膜炎での痛みが緩和される事がとても多く

足底腱膜炎の治療では欠かせないポイントです。


足の指を曲げる筋肉は内くるぶしよりも

上の部分にありますのでその部分に鍼治療を

おこなうことになります。



足底腱膜炎でお困りの人へ

22434444_s (1)

足底腱膜炎の鍼治療では足の裏に鍼をする?という

疑問にお答えしてきましたがいかがでしたでしょうか。


足底腱膜炎は足の裏や踵に鍼治療をしなくても

足の指を曲げる筋肉にアプローチすることで

良くなることがとても多いですのでご安心ください。


足底腱膜炎は放置すると慢性化してしまい痛みが

長引きやすいですので早めのケアをオススメしています。


足底腱膜炎でお困りの人は

不動前駅徒歩6分・武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)にお気軽にご相談ください。


<合わせて読みたい記事>

「足の裏から外側」が痛くなる正体と対処法を解説!

「鍼治療で足底筋(腱)膜炎の痛みは治る?」について回答!









NEW

  • 武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院が「鍼治療で天気痛は良くなる?」についてお答え!

    query_builder 2022/05/26
  • 不動前の鍼灸院が「首コリが酷くなると手の指に違和感が出る?」について回答!

    query_builder 2022/05/25
  • 武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院が「じんわり痛む腰痛の治療とは?」について回答!

    query_builder 2022/05/24
  • 不動前駅徒歩6分の鍼灸院が猫背の治し方と原因を解説!

    query_builder 2022/05/21
  • 武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院が「腰痛で1番多い疾患」について回答!

    query_builder 2022/05/20

CATEGORY

ARCHIVE