不動前のかむろ坂の鍼灸院が「手首の腱鞘炎に鍼治療は効きますか?」について回答!

query_builder 2022/01/13
ブログ
4286584_s

「手首の腱鞘炎に鍼治療は効きますか?」

「手首で腱鞘炎になりやすい場所を知りたい」


このブログはそんな方に向けて書いています。


こんにちは。

不動前のかむろ坂にある鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)の太田です。


手首の痛みで多い腱鞘炎に鍼治療が効くのか?と

疑問に思う人も多いのではないでしょうか?


今回はこの疑問にお答えしていきます。


◆目次◆

  • 手首の腱鞘炎に鍼治療は効く?
  • 腱鞘炎になりやすい手首の場所とは?
  • おわりに



手首の腱鞘炎に鍼治療は効く?

1737440_s

手首の腱鞘炎の痛みに「鍼治療は効果があり」ます。


腱鞘炎は筋肉の使いすぎによる負担が蓄積して

起こる疾患となります。


筋肉を使い過ぎると筋肉は硬くなってきますので

その部分に鍼治療をすることで筋肉は柔らかくなり

手首の腱鞘炎の痛みが良くなります。



腱鞘炎になりやすい手首の場所とは?

1004710_s

手首で腱鞘炎になりやすい場所は4カ所あります。

ここからは図を使って腱鞘炎になりやすい場所を

ご説明していきます。



①手首の親指側

ドケルバン

上の図の赤丸の部分が痛くなる腱鞘炎は

「ドケルバン病」という名前があります。


親指を広げる時や親指を伸ばす時に使う

筋肉の使い過ぎで痛くなります。



②手首の甲の真ん中

総指伸筋

手首の甲の真ん中も腱鞘炎でよく

痛みを訴える場所となります。


この場所の場合は手首を反らす時に使う

筋肉の使いすぎで痛くなります。



③手首の甲の小指側

尺側手根伸筋

手首の甲の小指側も腱鞘炎で痛みを

訴えている人も非常に多い場所となります。


この場所の場合はペットボトルの蓋を

開ける時のように手首を小指側に動かす時

使う筋肉の使いすぎにより痛くなります。



④手のひら側の手首の小指側

Inked22553971_s_LI

手首で腱鞘炎になりやすい場所の

最後の1つは上の図の赤丸の場所となります。


この場所の場合は手首を曲げる時

使う筋肉の使いすぎで痛くなることが多いです。



おわりに

3581619_s

今回は手首の腱鞘炎に鍼治療は効きますか?という

ご質問の答えと腱鞘炎になりやすい場所を

お伝えしてきましたがいかがでしたでしょうか?


手首の腱鞘炎が鍼治療で良くなった人から

ご感想をいただいております。

S__24961059_R

手首の腱鞘炎の痛みでお困りの人は

不動前駅徒歩6分・武蔵小山駅徒歩10分の鍼灸院

はりきゅう処 優(ゆう)にお気軽にご相談ください。




NEW

  • 不動前の鍼灸院が「鍼治療の前後に予防接種(ワクチン接種)を受けてもいい?」について回答!

    query_builder 2022/01/29
  • 武蔵小山駅徒歩10分/かむろざか沿いの鍼灸院が「鍼治療は傷痕や内出血が残る?」について解説!

    query_builder 2022/01/28
  • 不動前駅徒歩6分の鍼灸院が「鍼治療は首から手にかけての痛みやしびれに有効?」について解説!

    query_builder 2022/01/27
  • 武蔵小山駅徒歩10分/かむろざかの鍼灸院が「鍼治療の前後に食事を摂ってもいい?」について回答!

    query_builder 2022/01/26
  • 不動前の鍼灸院が「鍼治療後にストレッチをしてもいい?」について回答!

    query_builder 2022/01/25

CATEGORY

ARCHIVE